知ってるとお得!電子書籍を安く買う方法

絶景を背後にジャンプする人

電子書籍、買ってますか?
私はめちゃくちゃ買ってます。

電子書籍のメリットのひとつに「安く買える」という利点があります!
今回くわしくご紹介していきます。

電子書籍を購入できるストア

たくさんありますが、有名どころではこのあたりです。

電子書籍リーダーがなくても大丈夫!
スマホなどにアプリをインストールしたらすぐに読めます。

【おすすめ①】Kindleストア

Kindleストアでは、日替わりと月替わりのセールをしています。
キャンペーンによっては20%OFFやポイント還元などもあり!

最新のキャンペーン情報はきんどう(@zoknd)さんをTwitterでフォローしておくと見逃しません!

また、Kindleのアプリは使い勝手が良いです。
同期がKoboのアプリよりもスムーズ!
たとえば、タブレットで10ページまで読んだ後にスマホでKindleアプリを開くと、10ページまで読んだ状態になっています。

【おすすめ②】楽天Kobo

楽天Koboでは、なにかしらのセールを常にしています。
また、5,000円以上で使えるクーポンなどが高頻度で付与されます。

Koboでいいのだ。(@kobo_iinoda)さんをTwitterでフォローしておくといいですよ!

おすすめの使い方は?

Kindleと楽天Koboをメイン、サブでDMMブックスを利用しています。
なにか買うときはKindleと楽天Koboを比較して安い方で買います。
安い値札を見た人のイラスト

Kindle
気になったキャンペーンをざっとチェックして、ほしい本があったら買っています。
たまにKoboで取り扱っていなくてKindleでは取り扱っている本があるので、それはKindleで買います。
楽天Kobo
ほしいやつはどんどんカートに追加しておいて、5,000円以上で使えるクーポンなどを付与されたら買います。
もちろん楽天ポイントを使えます!ポイントの使い道としてもいいですね。
DMMブックス
私の場合、スマホのSIMがDMM mobileなので勝手にDMMポイントが貯まります。
ポイントが貯まったら使い切るために買っています。

安く買えることによるデメリット

買うハードルが下がるため、出費が増えるかもしれません。
そこはお気をつけください。

おまけ

ちなみに最近だと「ザ・ファブル」を大人買いしました。
殺し屋ギャグがたまらない。

以上です!今回もお読みいただきありがとうございました!

▼よろしければこちらもどうぞ
だらだらとタブレットをいじるうさぎ 毎月10,000円を電子書籍に使う私が考えるメリット・デメリット ★アイキャッチ画像は以下から拝借しました。Thank you!!
Photo by Alan Hurt Jr. on Unsplash